製品に関するよくあるご質問

< All Topics
Print

RX/WX命令について

質問

質問

RX/WX命令を使い、PLC間でデータの転送を行いたいです。
ラダープログラムはどのように組めばよいですか?

回答

回答

ラダープログラムは下図を参考にしてください。
詳細は「Sシリーズプログラミングマニュアル」の7-2「通信モジュール命令」を参照してください。

汎用通信ポート設定

<注意事項>
マスター局(RX/WX実行するPLC)の局番は「1」にしてください。
使用するプロトコルは、どれか1つだけを選択してください。(下図、赤枠部分)
<方法1>
KPPの「PLC」メニューから「PLC設定」→「汎用通信ポート設定」と進めます。
使用するプロトコル/局番/ボーレートなどの通信条件を設定します。
KPP_PlcPortSel
<方法2>
ラダーソフトで特殊レジスタに値を設定することで、方法1と同様のことができます。
特殊レジスタのアドレスは、各PLCのユーザーズマニュアルを参照してください。
RX_WX_smpl1
<SJ-ETHER使用時の注意>
SJ-ETHERのポート1をマスター局とする場合は、強制RUNモードに(RUN/TERMのSWをRUNに)する必要があります。
通信ポート設定も、強制RUNモードに移行したタイミングで、実行します。(サンプルラダー参照)
RX_WX_smpl2

通信中フラグ

CPU内蔵ポートの通信中フラグアドレスは、各PLCのユーザーズマニュアルを参照してください。

モジュール装着位置

上位バイトが自局のスロット番号、下位バイトは相手先の局番です。
スロット1に装着した通信モジュールから、局番2の通信モジュールに通信する場合は、LDS K102 となります。
CPU内蔵ポートのスロット番号は、ポート1:F1、ポート2:F2、ポート3:F3となります。
(SJ-ETHERは、ポート1:F0、ポート2:F1)
よって、CPU内蔵ポート2から、局番3の通信モジュールに通信する場合は、LDS KF203 となります。
RX_WX

関連マニュアル

関連キーワード

お問い合わせ

技術サポート

メールでのお問い合わせはコチラ

フリーダイヤル:0120-900-774
受付時間:9:00~17:00 (土・日・祝日、弊社休日は除く)
この記事はお役に立ちましたか?
0 5つ星の内
5 星 0%
4 星 0%
3 星 0%
2 星 0%
1 星 0%
How can we improve this article?
Next USB/シリアル変換使用上の注意
目次