製品に関するよくあるご質問

< All Topics
Print

CC-Link IEF Basic通信(スレーブ)

質問

質問

SJ-Etherシリーズで、CC-Link IE Field Basic通信を使いたいです。
どのようにすれば良いですか?

回答

回答

SJ-Etherシリーズをスレーブ局として使用することができます。
詳細は、SJ-Etherユーザーズマニュアルの第4章4-3 CC-Link IEF Basic通信をご覧ください。
(マスター局の設定は、ご使用になる各社製品マニュアルをご覧ください)
SJ-Ether使用手順の概略は以下となります。
①KPP(Koyo PLC Programming software)の「PLC」→「PLC設定」→「汎用通信ポート設定」のPort3にて、SJ-EtherのIPアドレス、サブネットマスク(255.255.255.0)を設定。
②プロトコル設定は「CC-Link IE Field Basicスレーブ」にチェックマークを付ける。。
③「CC-Link IE Field Basicスレーブ」をクリックし、占有局数(※1)を設定。
④マスターからデータを受け取るエリアの先頭アドレスを設定。
⑤マスターがスレーブから読み出すエリアの先頭アドレスを設定。
※1:1局あたり、リレー64点、レジスタ32ワードが転送される。(占有局数を4にすると、その4倍)
※2:SJ-EtherのFWバージョンにより、ネットワーク上に接続可能なスレーブ台数が異なる。
Ver2.610以降は最大16台です。FWを最新版にされることをお勧めします。

製品

関連マニュアル

関連キーワード

お問い合わせ

技術サポート

メールでのお問い合わせはコチラ

フリーダイヤル:0120-900-774
受付時間:9:00~17:00 (土・日・祝日、弊社休日は除く)
この記事はお役に立ちましたか?
0 5つ星の内
5 星 0%
4 星 0%
3 星 0%
2 星 0%
1 星 0%
How can we improve this article?
Next DSUBコネクタ固定ネジ
目次