製品に関するよくあるご質問

< All Topics
Print

Modbus/TCP通信(マスター)

質問

質問

SJ-Etherシリーズをマスター局として、modbus/TCP通信を使いたいです。
どのようにすれば良いですか?

回答

回答

詳細は、SJ-Etherユーザーズマニュアルの第4章4-4 MODBUS/TCP通信をご覧ください。
(スレーブ局の設定は、ご使用になる各社製品マニュアルをご覧ください)
SJ-Ether使用手順の概略は以下となります。
①KPP(Koyo PLC Programming software)の「PLC」→「PLC設定」→「汎用通信ポート設定」のPort3にて、SJ-EtherのIPアドレス、サブネットマスクを設定。
②プロトコル設定は「Modbus/TCPクライアントとサーバー」にチェックマークを付ける。
③「Modbus/TCPクライアントとサーバー」をクリック。
④クライアント(マスタ)設定の、タイムアウト/リトライ回数/タイムアウト時間を設定。
⑤サーバー(スレーブ)設定は、工場出荷時の値でよいが、マスター局で使いたいTCPポート番号と重複する場合は、変更する。
⑥SJ-Etherからスレーブ局にデータを書き込みたい場合は、EWX命令を使う。
⑦スレーブ局のデータをSJ-Etherに読み込みたい場合は、ERX命令を使う。
ERX/EWX命令の詳細はKPPのヘルプにより詳しい説明があります。

ERX命令の使い方

ERX

設定項目 説明
プロトコル MODBUS
CPU通信ポート番号 SJ-Etherの通信ポート番号。3固定。
通信相手局番 スレーブ製品各社のマニュアルで確認。
(スレーブID、ユニットIDと表記されている場合あり)
(解らない場合は、ゼロで試行)
機能コード 読み出し時に使用する機能を指定。
相手のメモリデバイス 読み出したい相手のデバイスの先頭アドレスを指定。
データ格納先デバイス 読み出したデータを、SJ-Etherのどこに持ってくるか。
その先頭アドレスを指定。
データサイズ 読み出したいデータのサイズを指定。
データタイプ MODBUSデータフォーマットを指定。
スレーブIPアドレス 読み出したい相手相手機器のIPアドレスを指定。
TCPポート番号 読み出す際に使用する、TCPポート番号を指定。
受信中 受信中フラグとして使用するSJ-Etherのデバイスを指定。
成功 受信成功フラグとして使用するSJ-Etherのデバイスを指定。
エラー 受信エラーフラグとして使用するSJ-Etherのデバイスを指定。
エラー応答格納先 受信エラーとなった時、エラー内容を格納するSJ-Etherのデバイスを指定。

EWX命令の使い方

EWX

設定項目 説明
プロトコル MODBUS
CPU通信ポート番号 SJ-Etherの通信ポート番号。3固定。
通信相手局番 スレーブ製品各社のマニュアルで確認。
(スレーブID、ユニットIDと表記されている場合あり)
(解らない場合は、ゼロで試行)
機能コード 書き込み時に使用する機能を指定。
相手のメモリデバイス 書き込みたい相手のデバイスの先頭アドレスを指定。
データ格納先デバイス SJ-Etherのどのデータを相手に書き込むのか。
その先頭アドレスを指定。
データサイズ 書き込みたいデータのサイズを指定。
データタイプ MODBUSデータフォーマットを指定。
スレーブIPアドレス 書き込みたい相手機器のIPアドレスを指定。
TCPポート番号 書き込む際に使用する、TCPポート番号を指定。
送信中 送信中フラグとして使用するSJ-Etherのデバイスを指定。
成功 送信成功フラグとして使用するSJ-Etherのデバイスを指定。
エラー 送信エラーフラグとして使用するSJ-Etherのデバイスを指定。
エラー応答格納先 送信エラーとなった時、エラー内容を格納するSJ-Etherのデバイスを指定。

製品

関連マニュアル

関連キーワード

お問い合わせ

技術サポート

メールでのお問い合わせはコチラ

フリーダイヤル:0120-900-774
受付時間:9:00~17:00 (土・日・祝日、弊社休日は除く)
この記事はお役に立ちましたか?
0 5つ星の内
5 星 0%
4 星 0%
3 星 0%
2 星 0%
1 星 0%
How can we improve this article?
Previous Modbus/TCP通信(スレーブ)
Next SJシリーズ パソコンとの接続
目次