製品に関するよくあるご質問

< All Topics
Print

DirectSOFTからKPP変換時の注意事項

質問

質問

D2-250-1を使用してステージ式プログラムで動作している装置があります。
DirectSOFTでバックアップしてあるプロジェクトをKPPでインポートし、D2-263へ書き込みを行っていますが多数のエラーが発生して書き込めません。

回答

回答

KPPには出力、タイマ、カウンタのコイル番号重複、END命令の有無のチェック機能があります。
これらを行うかどうかの選択は個別に設定できます。
デフォルトでは全て「行う」設定となっています。
ステージ式プログラムでコイルの重複使用を行っている場合は、これらの設定を「行わない」へ設定変更してください。
設定はKPPのメニュー、「環境設定」→「オプション」の「変換」タブを選択し、不要なチェックを外してください。

製品

関連マニュアル

関連キーワード

ステージ式 コイル重複 ワーニング

お問い合わせ

技術サポート

メールでのお問い合わせはコチラ

フリーダイヤル:0120-900-774
受付時間:9:00~17:00 (土・日・祝日、弊社休日は除く)
この記事はお役に立ちましたか?
0 5つ星の内
5 星 0%
4 星 0%
3 星 0%
2 星 0%
1 星 0%
How can we improve this article?
Previous DirectSOFTからKPPに変換
Next コメント編集(KPP)
目次