製品に関するよくあるご質問

< All Topics
Print

SJシリーズ置き換え

質問

質問

SJシリーズが廃止されたと聞きました。
後継品はどれを選べば良いですか?

回答

回答

後継品はSJ-ETHERシリーズとなります。
置き換えにあたっては、下記注意事項をご一読ください。

SJシリーズ SJ-ETHERシリーズ
SJ-00DD1-D SJ-11DD1E-D or SJ-11DD1EP-D
SJ-00DD2-D SJ-11DD2E-D or SJ-11DD2EP-D
SJ-00DR-D SJ-11DRE-D or SJ-11DREP-D
SJ-00AR-D SJ-11DRE-D or SJ-11DREP-D
+J-08NAを増設
SJ-02DD1-D SJ-12DD1E-D or SJ-12DD1EP-D
SJ-02DD2-D SJ-12DD2E-D or SJ-12DD2EP-D
SJ-02DR-D SJ-12DRE-D or SJ-12DREP-D
SJ-30DD1-D 後継機種なし

概要

SJ-ETHERシリーズは旧SJシリーズに対して大幅な性能および機能の向上を行っています。
これに伴い、仕様の一部も変更されており、置き換えにあたってはいくつかの注意点があります。

拡張I/O番号の相違

SJシリーズ

4点/8点I/Oは8点分、16点I/Oは16点分が若い番号順に自動割り付けされる。
SJ_IOadrs

SJ-ETHERシリーズ

拡張スロット1~8それぞれの先頭番号100~1000が固定で割り付けられる。
SJether_IOadrs

使用できるラダープログラミングツール

SJシリーズ

DirectSOFT5.1 Build34
KPP(Koyo PLC Programming Software)

SJ-ETHERシリーズ

KPP(Koyo PLC Programming Software)
プログラマ:S-20P(※一部、機能制限あり)

高速入出力機能

SJシリーズが持っている高速入出力機能が大幅に強化されています。
高速カウンタ機能、モーションコントロール機能には専用命令が用意されており、非常に使いやすくなりました。
入出力の機能設定もKPPから簡単に設定できます。
SJシリーズで高速カウンタ機能を使用されている場合は、この部分のプログラムの流用ができませんので、下記マニュアルを参考にプログラムを変更する必要があります。

CPU内蔵アナログ入出力の設定方法

CPU内蔵アナログ入出力の機能を設定する特殊レジスタ:R7600の指定方法が異なります。
また、SJ-ETHERではR7600の設定だけでなくKPPのI/O構成機能からの設定も可能になりました。
詳細は、ユーザーズマニュアル第三章の「内蔵アナログデータ入出力機能」をご覧ください。

製品

関連マニュアル

関連キーワード

お問い合わせ

技術サポート

メールでのお問い合わせはコチラ

フリーダイヤル:0120-900-774
受付時間:9:00~17:00 (土・日・祝日、弊社休日は除く)
この記事はお役に立ちましたか?
0 5つ星の内
5 星 0%
4 星 0%
3 星 0%
2 星 0%
1 星 0%
How can we improve this article?
Previous SJシリーズ パソコンとの接続
目次